このページの本文へ

WOWOW、井上夢人原作の『オルファクトグラム』をドラマ化

2002年02月01日 00時15分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)WOWOWは、開局10周年記念番組“プライムサスペンス”『オルファクトグラム』を2月17日に放送するにあたり、1月31日に関係者を招いて完成披露試写会を行なった。

ドラマオルファクトグラム
WOWOWの開局10周年記念番組“プライムサスペンス”『オルファクトグラム』。CGを駆使した“匂い”の映像は必見

プライムサスペンスは、同社の開局10周年を記念し、これまで映像化されることのなかったサスペンス作品4本をオリジナルドラマとして制作/放送するもの。昨年12月に『李歐』(原作:高村薫)、今年1月に『カノン』(原作:篠田節子)を放送、今回3作目として『オルファクトグラム』を2月に放送する。

原作は井上夢人氏の『オルファクトグラム』。アマチュアバンドのギタリスト:片桐稔(高杉瑞穂)は、姉の家で何者かに頭を殴られ意識不明となる。1ヵ月後意識を回復した稔は、あの日姉が連続猟奇殺人の犠牲となり殺されたことを知る。さらに殴打された後遺症で嗅覚が異常に発達、匂いを視覚化する特殊能力が身に付いていた。稔はこの特殊能力を駆使して犯人を追う――。

このドラマでは、匂いの視覚化という特異な状況設定を映像で表現するため、CGが多用されている。CG制作を担当したのは、豊川悦司/山崎努コンビによるビールのCMで話題をさらったCG制作集団の(株)ルーデンス。

『オルファクトグラム』の監督:小中和哉氏は、「原作を読んだとき大変ビジュアル的な話だと思い、映像化したいと思っていた。このドラマを観て、われわれが感知できない世界も、もしかしたらあるのかなと感じてもらえたら」としている。

ドラマ『オルファクトグラム』は、WOWOW(BS-5ch)、デジタルWOWOW(BSデジタル191~3ch ハイビジョン放送)で、2月17日午後8時~9時55分に放送される。

高杉瑞穂さん
主人公の片桐稔を演じた高杉瑞穂さん。「匂いが見えるという新しい超能力を楽しんでください」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン