このページの本文へ

アライドテレシス、ブロードバンドルーターと無線LAN機器を値下げ――最大45%

2002年01月07日 21時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アライドテレシス(株)は7日、ブロードバンドルーター『CentreCOM AR220』とIEEE802.11bに準拠した無線LAN機器“CentreCOM WR211シリーズ”の価格を同日付けで改定すると発表した。最大で45%値下げする。

『CentreCOM AR220E』『CentreCOM AR220E』

『CentreCOM AR220E』は、LAN用に10/100BASE-TXのスイッチポートを4個装備し、ADSLやCATVのインターネット接続に対応したブロードバンドルーターで、2001年4月に発表した製品。価格を4000円値下げして1万5800円とする。

“CentreCOM WR211シリーズ”は、IEEE802.11b準拠の11Mbps無線LANシステム。価格改定の対象となるのはアクセスポイント『CentreCOM WR211AP』、3.3V対応無線LANカード『CentreCOM WR211PCM』、5V対応無線LANカード『CentreCOM WR211PCM plus』の3製品。WR211APは5000円値下げの2万9800円に、WR211PCMは8000円値下げの9800円に、WR211PCM plusは8000円値下げの1万1800円に、それぞれ値下げする。同時に、無線LANカードのマルチパックやアクセスポイントのセットについても値下げした。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン