このページの本文へ

TDK、インクジェットプリンター対応のデータ用/録画用DVD-Rメディアを発売

2002年01月07日 18時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ティーディーケイ(株)は7日、レーベル印刷が行なえるインクジェットプリンターに対応した追記型のデータ用DVD-Rメディア『DVD-R47PWA』と録画用DVD-Rメディア『DVD-R120PWS』を2月21日に発売すると発表した。5枚パックの『DVD-R47PW×5A』と『DVD-R120PW×5S』も用意する。価格はオープン。

『DVD-R47PWA』
『DVD-R47PWA』

『DVD-R47PWA』は、“DVD-R for General規格Ver.2.0”(DVD-R ver.2.0 for General)に準拠したデータ記録用のDVD-Rメディア。記憶容量は片面4.7GB。発色性、印字性、速乾性を向上させた白色レーベル面を採用したのが特徴。高精度基板の採用などによりディスク全面でエラーレートを低くしたほか、DVD-R for General規格Ver.2.0の記録レーザー光に対して光吸収率の高い高感度有機色素を採用し、記録・再生特性と耐候性を向上させたという。

『DVD-R120PWS』
『DVD-R120PWS』

『DVD-R120PWS』は、『DVD-R47PWA』と同様の特徴を持ち、録画時間が標準/片面で120分のDVD-Rメディア。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン