このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

日本イクアントとグローバル ワン日本法人が合併――新たに“イクアント株式会社”に

2001年11月02日 20時36分更新

文● 編集部 中西祥智

米イクアント(equant)社は1日、同社の日本法人である日本イクアント(株)およびグローバル ワン コミュニケーションズ(株)が同日合併付けでしたと発表した。合併後の社名は、“イクアント株式会社”となる。イクアントは、法人向けにIP-VPNなどのネットワークサービスを提供する国際通信事業者。

米イクアントとベルギーのグローバル ワン(Global One)社は、6月29日に合併している。今回の両日本法人の合併は、それに従ったもの。

米イクアントのマーケット&セールス統括者ジャン-イヴ・シャルリエ氏米イクアントのマーケット&セールス統括者ジャン-イヴ・シャルリエ氏

同日の記者発表会で、米イクアントのマーケット&セールス統括者ジャン-イヴ・シャルリエ(Jean-Yves Charlier)氏は、イクアントとグローバル ワンが合併した理由について、「データ、IPの世界で、さらに強い製品・サービスのポートフォリオを提供するため」だと語った。

イクアント代表取締役社長のマニュエル・セヴァ氏イクアント代表取締役社長のマニュエル・セヴァ氏

イクアント(株)の代表取締役社長のマニュエル・セヴァ(Manuel Ceva)氏も、合併によって「世界で最も範囲の広いグローバルネットワーク」を提供できると語った。イクアントのネットワークは、提携・パートナー企業含めると220の国と地域と接続し、そのうち145ヵ国で国内のネットワークもカバーしているという。

イクアントはネットワークサービスを、主に航空産業、IT産業、製造業に提供している。全業種に占めるそれぞれの割合は、それぞれ約20%。また、地域別では欧州・中東・アフリカが53%、アメリカが37%、アジア太平洋が10%となっており、セヴァ氏は「次の開拓地は、アジア太平洋だ」と強調した。

イクアントのビジネス形態
イクアントのビジネス形態

イクアントは、日本において120を超える顧客企業を持っている。提供しているサービスは、60%がIPネットワークサービスで、残りの40%がネットワークのインテグレーションなどの付加価値サービスだという。同社はIPサービス、特にIP-VPNおよびVoIPに重点を置いており、大規模な多国籍企業に対するサービスをターゲットとしている。

また、イクアントでは自社の強みを、複数のネットワークにまたがることなく、単一のネットワークで安全かつ高速にアクセスできることだとしている。そして、世界のどこからでも、どんなプラットフォームでも、アクセスできるネットワークを構築するという。

イクアントのサービスのポジション
イクアントのサービスのポジション

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン