このページの本文へ

ティアックシステムクリエイト、CDデータクラッシャー『DC-201』を発売

2001年10月01日 20時38分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ティアックシステムクリエイトは1日、CD-R/RW/ROMメディアのデータの再生を不可能にするための装置“CDデータクラッシャー”として『DC-201』を発表した。価格はオープンで、10月上旬に出荷を開始する。

『DC-201』
『DC-201』

『DC-201』は、“押圧凸凹傷方式(両面)”を採用し、CD-R/RW/ROMメディアの両面に1平方cmあたり約55個の傷を付けてメディアに記録されているデータを読み出せなくする装置。処理速度は1分あたり約20枚(1枚あたり約3秒)で処理が行なえるという。電源はAC100VでACアダプターが付属する。本体サイズは幅195×奥行き184×高さ86mm、重量は約1.8kg。

傷を付けて読み出せなくする前(左)と処理後(右)
傷を付けて読み出せなくする前(左)と処理後(右)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン