このページの本文へ

NTTドコモ、iモードとDoPaのパケット通信を高速化

2001年09月10日 16時59分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは10日、現行の“PDC-P”方式のiモードと“DoPa”(9600bps/デュアルサービス)のパケット通信速度を高速化すると発表した。下りを最大28.8kbpsに高速化する。併せて、iアプリのコンテンツサイズを最大30KBに増やすという。実施時期は2002年春を予定しており、2002年春以降に発売予定の一部端末から対応を開始する。提供エリアは、現行のパケット通信エリア。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン