このページの本文へ

タワーレコードと三菱商事、著作権保護機能付きCD-ROMで販促

2001年08月09日 20時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タワーレコード(株)と三菱商事(株)は9日、著作権保護機能を搭載したCD-ROM『e-bounce“special issue”』をタワーレコード国内全店の来店者および同社のウェブでの購入者に無償で10万枚配布すると発表した。

『e-bounce“special issue”』
『e-bounce“special issue”』

『e-bounce“special issue”』は、音楽や映画のプロモーション機能と販売機能を持ち合わせたCD-ROM。映画の予告やアーティストの動画、テレビCM、楽曲データが入っており、米インタートラスト社のソフトをインストールすると、これらの映像や音楽のサンプル試聴ができる。同社のデジタルライツマネジメント技術で暗号処理を行ない、コンテンツの著作権を保護、同ソフトをインストールしないと再生できない仕組みになっているという。また、気に入った音楽があった場合は、同社のサイト上で、三菱商事の課金システムを利用し、会員登録をすることで、CD-ROMに入っているフルデータを購入することができる。従来のウェブからの購入と異なり、ダウンロード時間がかからないのが特徴。

今回の第1弾では、楽曲のみの購入が可能。価格は楽曲によって異なり300円から350円。同社のウェブ上で販売している価格と同等としている。今回収録しているコンテンツは、映画『贅沢な骨』の特集コンテンツ、映画『けものがれ、俺らの猿と』『クイーン・コング』の予告ムービー、デイブ・マシューズ・バンド、クリスティーナ・アギレラなどの30アーティストの楽曲など。なお、同社では、今後楽曲のほかに、アーティストのプロモーションビデオ等の動画データの販売なども考えており、フリーペーパー、ウェブにならぶ第3のメディアにしたいとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン