このページの本文へ

日立、DVD-RAM/Rドライブ搭載デスクトップ『Prius V』を発売

2001年08月07日 23時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所は7日、コンシューマー向けデスクトップパソコン『Prius Deck 750V』『Prius Deck 550V』『Prius Deck 530V』の3機種5モデルを25日に発売すると発表した。価格はオープン。

『Prius Deck 750V』『Prius Deck 750V』

『Prius Deck 750V』は、世界初というDVD-RAM/RドライブとCD-R/RWドライブの2台を搭載するのが最大の特徴。DVD-RAM/Rドライブは、読み込み/書き込み2倍速、DVD-R書き込み1倍速、CD-ROM読み込み24倍速、CD-RW読み込み12倍速、DVD-ROM6倍速で、インターフェースはE-IDE。CD-R/RWドライブは、CD-RW書き込み10倍速、CD-R書き込み16倍速、CD-ROM読み込み40倍速で、バッファーアンダーラン防止機能を搭載する。インターフェースはE-IDE。対応したアプリケーションとして、DVD-R対応ライティングソフト『DVDit!LE』、DV編集ソフト『MotionDV STUDIO』、DVD-RAM編集ソフト『DVD-MovieAlbumSE』などが付属し、DVDビデオプレーヤーやDVD-RAMレコーダーで再生可能なディスクを作成することもできる。

付属する液晶ディスプレーは、1024×768ドットでディザリングなしで1677万色の表示が可能な15インチの“スーパーピュアカラー液晶”パネルを採用。視野角は上下左右ともに170度、輝度は200cd/m2、コントラスト比は300:1、色純度(NTSC比)60%以上。ステレオスピーカーを内蔵する。消費電力は最大32W。本体サイズは幅456×奥行き347×高さ177mm、重量は4.8kg(スタンド込み)。

『750V5SV』の基本仕様は、Pentium III-1.0BGHz、815Eチップセット、60GBのHDD(Ultra ATA/100)、PCIテレビチューナー/ビデオキャプチャーカード、100BASE-TX/10BASE-Tインターフェース、V.90対応56kbpsモデムなどを内蔵する。インターフェースは、USB×4、PCカードスロット(Type II×2またはType III×1)、IEEE1394(i.LINK)×1、光デジタルオーディオ出力×1、Sビデオ、赤外線(リモコン対応)ほかを搭載。消費電力は最大156W。本体サイズは幅99×奥行き399×高さ355mm、重量は約10.1kg。OSとしてWindows Meをプレインストールし、オフィスソフトの『Office XP Personal』が付属する。

上位機種の『750V5PV』は、5SVのHDDの容量を120GBに増やし、ディスプレーに単体でテレビを見られる“PriusView”機能を搭載したモデル。“タイムシフト視聴機能”やWindowsの画面にテレビ画面を表示する“ミニTV機能”も搭載する。消費電力は最大156Wで、本体の重量は約10.7kg。ディスプレーの消費電力は最大60W。重量は5.0kg(スタンド込み)。

『Prius Deck 550V』『Prius Deck 550V』

『Prius Deck 550V』は、Pentium III-1.0GHz搭載の『550V5SV』とCeleron-800MHz搭載の『550V5SVE』の2モデル。DVD-RAM/Rドライブと、CD-R/RWドライブ(CD-RW書き込み8倍速、CD-ROM読み込み32倍速)を内蔵し、メモリーは128MB、HDDは60GB(5SV)/40GB(5SVE)、100BASE-TX/10BASE-Tインターフェース、V.90対応56kbpsモデムなどを内蔵する。インターフェースは、USB×4、PCカードスロット(Type II×2またはType III×1)、IEEE1394(i.LINK)×1、光デジタルオーディオ出力×1、Sビデオなどを搭載。消費電力は最大約144W(5SV)/132W(5SVE)。本体サイズは『750V』と同じで、重量は約9.9kg。Windows Meをプレインストールし、オフィスソフトの『Office XP Personal』が付属する。

『Prius Deck 530V』『Prius Deck 530V』

『Prius Deck 530V』は、AMD Athlon-1GHzと台湾VIA Technologies社製チップセット『VIA KL-133』を搭載したデスクトップモデル。DVD-ROM&CD-R/RWドライブ(CD-R/RW書き込み8倍速、CD-RW読み込み20倍速、CD-ROM読み込み32倍速、DVD-ROM読み込み8倍速)を内蔵し、128MBのメモリー、40GBのHDD(UltraATA/100)、100BASE-TX/10BASE-Tインターフェース、V.90対応56kbpsモデムを内蔵する。インターフェースは、USB×4、PCカードスロット(Type II×2またはType III×1)、IEEE1394(i.LINK)×1、光デジタルオーディオ出力×1などを搭載する。本体サイズは幅89×奥行き339×高さ300mm、重量は約6.9kg。Windows Meをプレインストールし、オフィスソフトの『Office XP Personal』が付属する。付属するディスプレーは550Vなどと同じ。

全製品とも、自然な文章でオンラインヘルプを検索できる“CyberSupport”を導入しているほか、Windows XP Home Editionへの有償アップグレードにも対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン