このページの本文へ

CSK-Net、“Highway Internet”のADSLサービスをほぼ半額に値下げ

2001年08月07日 19時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CSKネットワークシステムズ(株)は7日、同社が運営するインターネット接続サービス“Highway Internet(ハイウェイ・インターネット)”のADSL接続サービス“eAccessコース”の月額基本料金を9月から、2950円に値下げすると発表した。

“Highway Internet「eAccessコース」”は、下り1.5Mbps、上り512kbpsのADSL接続サービス。今回の価格改定により月額基本料金が、電話共用タイプ5813円、ADSL回線専用タイプ5838円が、共に2950円に値下げになる。月額基本料金2950円には、ADSL回線料金とプロバイダー料金を含んでおり、別途に回線使用料金が、電話共用タイプで187円、回線専用タイプが2062円必要となる。サービスの利用の際は、NTT加入電話との共用タイプ(タイプ1)とADSL専用のアナログ回線新設(タイプ2)で選択ができる。初期費用は、タイプ1のUSBタイプが初期経費2万400円、ルータータイプが2万7600円、タイプ2のUSBタイプが1万8100円、ルータータイプが2万5600円。なお、タイプ2の場合は、別途宅内工事費用がかかる。基本料金は、9月の利用分からの値下げとなり、現在のユーザーおよび、新規ユーザーの全てが対象となる。また、Highway Internetでは、料金値下げに先立ち、新規申込者および、ベーシックコースからのコース変更を対象に、加入時から新料金で提供するキャンペーンを展開している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン