このページの本文へ

SCN、“So-net”でデータ保管サービス“WebPocket”を開始

2001年08月01日 18時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は1日、インターネット総合サービス“So-net”において、動画や写真などのデータをサーバーに保管するサービス“WebPocket ”の提供を同日付けで開始したと発表した。“WebPocket”は、インターネットの“WebPocketサーバ”上に自分のフォルダー(ポケット)を作成し、大容量コンテンツデータを保管できるサービス。フォルダー内は、“ビデオ”“フォト”“ノンジャンル”などに分類されており、ポケットに出し入れする感覚で利用できるという。利用料金は、保管容量が1GBまで月額500円、5GBまで750円、15GBまで1000円となっており、利用開始月と翌月については無償で提供する。

また、今年度中に会員向けの限定メニューとして、“So-netオリジナル コンテンツ・ライブラリー(仮称)”を開始する予定。テニス、格闘技などのSo-netスポーツ関連コンテンツなどが保有する豊富な映像資産を動画コンテンツとして提供するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン