このページの本文へ

カシオ、モバイルパソコン『MPC-206VL』初期ロットのキーボードを交換

2001年07月24日 23時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カシオ計算機(株)は23日、6月14日に発表し、7月に販売を開始したモバイルパソコン『CASSIOPEIA FIVA MPC-206VL』の初期ロット(6月生産分)に、一部のキーが入力できなくなる可能性があることをホームページで告知した。これは時間や温度などの使用環境によりキーボード内の配線が接触不良を起こし、一部のキーの入力ができなくなる可能性があるというもの。

『CASSIOPEIA FIVA MPC-206VL』
『CASSIOPEIA FIVA MPC-206VL』

対象となるのはMPC-206VLで、本体裏面のシールにあるUNIT-IDが「P740JAJ-1AE16-0*****」の製品。ただし梱包箱側面のUNIT-IDシール上に青丸シールが貼ってある製品は対象外という。

同社では、該当する製品については、サービスステーションにおいて修理(キーボード交換)を行なうとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン