このページの本文へ

読売テレビ、テレビ放映した番組のブロードバンド配信を開始

2001年07月20日 13時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

讀賣テレビ放送(株)は19日、凸版印刷(株)のコンテンツ有料配信サービス“Bitway(ビットウェイ)”を利用して、同社が放映した番組の有料配信を開始すると発表した。これは、テレビ局として蓄積した映像コンテンツ資産の活用や、ブロードバンドインターネットに特化したコンテンツ制作などにより、満足度の高いコンテンツを提供するため。

第1弾として、怪談のニーズが高まる夏に合わせて『稲川淳二の恐~い話』を配信する。氏の代表的な怪談を、1話あたり5分から10分程度にまとめてストリーミング方式で配信。スタート時には10本のストーリーを用意し、以後1ヵ月に10本ずつ追加してゆき、年内には50本まで増やすという。視聴には『Real Player』が必要。料金は月額400円で、決済はプロバイダーの課金システムで行なう。対応するプロバイダーは、(株)朝日ネットの“ASAHIネット”、(株)ウェブオンラインネットワークスの“JustNet”、ケイディーディーアイ(株)の“DION”、ドリームネット(株)の“DreamNet”、ニフティ(株)の“@nifty”、日本テレコム(株)の“ODN”、日本電気(株)の“BIGLOBE”。

同社は今後、放映ソースやビデオパッケージなどのデジタルコンテンツをインターネット対応にするほか、番組と連動したコンテンツを含め、動画を中心としたコンテンツの有料配信を予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン