このページの本文へ

凸版印刷、Bitwayでサンリオと第一興商のコンテンツを有料配信

2000年12月27日 19時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

凸版印刷(株)と(株)サンリオは25日、凸版印刷のオンラインサービス“Bitway”を通じて、サンリオの占いコンテンツ“ハローキティのLOVE LOVE星占い”の有料配信を、6日に開始したと発表した。これは、西洋占星術をベースに“ハローキティ”のキャラクターを用いた占いコンテンツ。課金にはBitwayの決済システムを用い、キャラクターの著作権保護には(株)エム研が開発した電子透かし“acuaporta(アクアポルタ)”を採用した。サービス料金は1件につき300円。Bitwayに対応したプロバイダー各社(BIGLOBE、DION、ODN、Just Net)が同サービスの販売を行ない、セブンドリーム・ドットコムでも2001年1月18日に販売を開始する。

また、凸版印刷と(株)第一興商は25日、Bitwayを通じて、第一興商のカラオケコンテンツ“karaoke@dam”の有料配信を、27日に開始すると発表した。これは、カラオケボックス用配信サービス“DAM”の楽曲データを変換し、ストリーミング再生ソフト“Real Player”用にカラオケデータを配信するというもの。7000曲を収録し、再生したい曲をクリックすると、Real Playerが起動し、自動的にカラオケを再生するという。サービス料金は月額600円。月額料金だけで1ヵ月間、曲数の制限なしに再生可能という。サービスの販売開始は、ODNが27日、BIGLOBEが2001年1月19日、セブンドリーム・ドットコムが2001年1月25日。

画面
“karaoke@dam” Copyright (c)1995-2000 DaiichiKosho Co., Ltd.All Rights Reserved.

なお、Bitwayは、有料コンテンツの流通サービス。コンテンツ販売の決済に、プロバイダーやECサイトの課金システムを利用するため、購入に当たってクレジットナンバーの入力は不要という。コンテンツ販売では、ASAHIネット、Just Net、ぷらら、DION、So-net、DION、ODN、@nifty、BIGLOBE、Hi-HOなどのインターネット接続サービスや、セブンドリーム・ドットコムなどのショッピングサイトと提携している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン