このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

お待たせしました! 噂の「2」です ~ Windows 2000 SP2搭載のアプリケーション互換モード

2001年06月06日 18時32分更新

文● 深見俊介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『Windows 2000 Service Pack 2日本語版』のダウンロード・サービス、及びCD-ROMでの提供が開始されたが、SP2には、Widows XPに搭載されるという「アプリケーション互換モード」テクノロジーが搭載されていることが明らかになった。

6月2日の記事「お待たせしました! 噂の「2」です ~ 遂に「Windows 2000 Service Pack 2日本語版」がリリース!!」でお伝えしたように、Microsoftが『Windows 2000 Service Pack 2日本語版』のダウンロード・サービス、及びCD-ROMでの提供を開始した。

そして、この「Windows 2000 Service Pack 2日本語版」には、Windows 95/Windows NT 4.0固有の動作に大きく依存するアプリケーションの実行環境を提供する「アプリケーション互換モード」テクノロジーが搭載されている。

sp2ロゴ

なお、現在ベータテスト中の「Windows XP」には、この互換モードが標準で搭載される予定である。すでに、SP2のベータテスト時点で、この互換モードの搭載は噂されていたものだ。

アプリケーション互換モードを指定する
Windows XP搭載のアプリケーション互換モードを指定する「Help and Support Center」。Windows 2000 SP2と違い、Windows XPでは、アプリケーションを指定して実行可能なGUIが用意されている。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン