このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

お待たせしました! 噂の「2」です ~ Windows 2000 SP2搭載のアプリケーション互換モード

アプリケーション互換モードを使用する方法

2001年06月06日 18時32分更新

文● 深見俊介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アプリケーション互換モードを使用するには、管理者としてログオンした後、アプリケーションの「ショートカット」を利用して、目的のアプリケーションを互換モードで実行できるように指定する必要がある。

  1. 管理者としてログオンする。
  2. 目的のアプリケーションのショートカットを、右クリックし「プロパティ」 を表示させる。
  3. 「Compatibility」タブ
    新たに「Compatibility」タブが追加されている。
  4. 「互換モードで実行する」チェックボックスをオンにする。
  5. 「互換モードで実行する」チェックボックスをオンにすると表示されるリストボックスの中から、「Windows 95 Compatibility Layer」、もしくは「Windows NT4 SP5 Compatibility Layer」を選択する。
  6. リストボックス
    リストボックスは、「互換モードで実行する」チェックボックスをオンにすると表示される。
  7. 「OK」ボタンをクリックする。
  8. ショートカットからアプリケーションを実行する。

そのほか、Microsoftが提供している下記の情報には、「互換モード」を無効にする方法なども解説されているので参照のこと。

  • 「Windows 2000 Service Pack 2 でアプリケーション互換モード テクノロジを有効にする方法」(文書番号:JP279792)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン