このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

またまたメモリ全面安、PC2100 DDR SDRAM 256MBはついに1万円割れ!

2001年05月26日 19時38分更新

文● G&D MATRIX/Text by 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
価格表

 メモリ価格が下げ止まらない。5月上旬から急落の始まった相場は当初円高によるものだと思われていたが、最近は円高をはるかに上回るペースで値が下がっている。特に印象的なのはDDR SDRAM。PC2100 256MB(CL=2/2.5)は初めて1万円を割り込んだ。しかも「さらに下がる気配がある」(複数ショップ)というのだから驚くほかない。また、SDRAM/RDRAMも順調(?)に値下がっており、PC133 SDRAM 256MB(CL=3)は6000円割れ。PC133 SDRAM 128MB(CL=3)に至っては2000円台の値札が珍しくなくなりつつある。

 今回の全面安には、どうやら大手メモリチップメーカーが関係しているようだ。入荷担当者の間で囁かれる噂によれば、某メーカーがOEMに対してチップの大放出を行っているのが主要因のひとつであるもよう。実際、今週に入ってそのメーカーのチップを搭載したメモリが各店でよく見られるようになっており、どうやらこのメーカー製チップに引きずられるようにメモリの市場価格が下落したものと思われる。



前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ