このページの本文へ

早くもFC-PGA2対応のクーラーが販売開始

2001年05月11日 21時52分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
クーラー全体

 ごく普通のアルミ製クーラーに見えるが、パッケージのシールにはっきりとFC-PGA2対応をうたう製品が現れた。価格は1980円で、CUSTOMが販売を開始している。



パッケージ
パッケージのシールには緑色の字でPC-FGA2 1.53GHzとうたわれている。

 この製品は、HANANOという台湾メーカーのCPUクーラー(型番:S3710-5015)。ヒートシンクの大きさは50(W)×60(D)×35(H)mm。ファンは5cm角のものが搭載されている。



留め金の図解

 同梱されている図解から判断すると、キーとなっているのはCPUクーラーについている留め金のようだ。この留め金をよく見てみると2~3段階に高さを調整できるようで、PC-PGA2を使用する時は写真のように切り変える。これは、FCーPGA2のCPUがコア側にIHS(Integrated Heat Spreader)を被せたものになっていることを考慮したものだと予想できる。なお、気になるのはパッケージのシールに、“FC-PGA 1.13GHz”“AMD Athlon 1.2GHz”とならんで、“FC-PGA2 1.53GHz”という文字が見えることだ。CPUクーラーに表示されている対応周波数は、結構高い数値を記載することが多いが、CPUが未登場なだけにそのままうのみにはできないだろう。



留め金のアップ
留め金は3段階に調整可能のようだ
ヒートシンク裏面
銅も埋め込まれておらず、ごく普通のアルミ製ヒートシンクだ

 CPUが出てないだけに密着度や冷却性能など未知数の部分が多い製品だが、先週のAbit製マザー「VH6T」と並んで、これからPC-PGA2対応製品が増えてくるかもしれない。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ