このページの本文へ

カノープス製のDV編集用コントローラはスリム&コンパクト

2001年04月27日 22時49分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
JD1本体

 リアルタイム・ノンリニア編集システム「DVStorm-RT」のデモ開催時に展示されていた、DV編集用USB接続のジョグ&シャトルコントローラ「JD-1」が販売されている。
 第一の特徴は大きさ。124(W)×140(D)mmの大きさに26.5mmの厚さは、コンパクトでスリムなので場所をとらない。前方に丸いジョグコントローラを配置し、その後方にクリップのIN点、OUT点設定、巻き戻し、早送りなどのボタンを装備している。付属のセッティングアプリケーションによって、ジョグコントローラの応答速度も設定可能なほか、ショートカットコマンドを登録できるプログラマブルキーも5つ用意されている。
 同製品はカノープスのDV編集ソフト「RexEdit」「StormEdit」「EzEdit」や、「Adobe Premiere」「Ulead MediaStudio Pro」に対応しているという。この他、対応編集ボードやソフトなどについて、下記ホームページに掲載されているので参照していただきたい。なお、HUB接続を行った場合は動作保証外となるので注意したい。
 販売を開始しているのはUSER'S SIDE本店とTSUKUMO eX.で、それぞれ1万9800円と2万800円。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ