このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのSUMAからハードウェアMPEG2ビデオキャプチャが登場!!

2001年04月27日 06時46分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
巨大なパッケージ
やけに大きなパッケージ(USB版)

 “SIF”(SUMA Individual analog Filter)と呼ばれるアナログフィルタで一躍有名になった韓国のメーカー“SUMA”から、今度はハードウエアMPEG2エンコードのビデオキャプチャカード「CHARISMA PVR」が登場した。店頭に並んでいるのはUSB接続のユニットとPCI版の2製品だ。


USB版 USB版背面

 特にUSB版は本体の幅が薄く、スリムな筐体になっているのに驚かされる。そのフロントは電源LEDほか再生LED、録画LEDが点滅するプレステ2ライクと言っていいようなデザイン。背面には、USB接続ポート他、ビデオ入力としてS-VIDEOとコンポジット、サウンド入力がRCA端子、そしてアンテナといった各端子を装備する。パッケージには本体他、ケーブル、マニュアル、アプリケーション&ドライバCDしか入っていないが、箱自体がやけに大きく目立つ。

PCI版基板 PCI版背面
パッケージ裏面

  一方、PCI版はというと、エッジ部分の構成はUSB版とほとんど変化ない。基板を見ると、Philips製のビデオデコーダ「SAA7114H」が搭載されている。
 マニュアルによると、MPEG2エンコード用チップとしては、両製品とも米GlobeSpan製“iTVC12”を採用しているという。なお、独自のアプリケーション「SUMA'S Charisma PVR」を同梱。EPGにも対応しているとの表記がパッケージ裏面に見られる。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000 Professionalとなっている。



CHARISSMA PVRスペック(同梱マニュアルより)

PCI版基板 PCI版背面

 25日現在、SUMAのホームページにはこれらの製品に関する情報がいっさい掲載されていない。スペックなかでは一部未対応の部分があることも考えられるので注意が必要だ。
 なお、T-ZONE.PC DIY SHOPではデモ展示も行っているので、アキバに行ったついでに見てみるといいだろう。

- CHARISMA PVR(PCI) CHARISMA PVR(USB)
MPEG1/2 720×480、480×480、352×480、352×240(NTSC)
720×576、480×576、352×576、352×288(PAL)
720×480、480×480、352×480、352×240(NTSC)
720×576、480×576、352×576、352×288(PAL)
ビデオビットレート 2~8Mbps(MPEG2)、1~3Mbps(MPEG1) 2~6Mbps(MPEG2)※1、1~3Mbps(MPEG1)
オーディオビットレート 192、224、384Kbps 192、224、384Kbps
オーディオサンプリングレート 44.1KHz 44.1KHz
※1日本語の表記ページでは2~8となっている。

26日現在の価格情報

価格ショップ
CHARISMA PVR(USB版)
\31,800高速電脳
\32,800コムサテライト3号店
\34,800T-ZONE.PC DIY SHOP
\35,800TSUKUMO eX.
CHARISMA PVR(PCI版)
\28,800高速電脳
\29,800コムサテライト3号店
T-ZONE.PC DIY SHOP
\31,800TSUKUMO eX.

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ