このページの本文へ

WinDVD 3.0

WinDVD 3.0

2001年04月18日 15時34分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カノープス(株)は、InterVideo Inc.開発のDVD再生ソフト「WinDVD」の最新版として、DTS(Digital Theater System)デジタルサラウンドのデコードに対応した「WinDVD 3.0」を5月下旬に発売する。

WinDVD 3.0
従来の「WinDVD DH」でドルビーヘッドフォンに対応したが、今回新たにDTSデコードもサポートした「WinDVD 3.0」。サウンドカードとスピーカを用意すれば4chや5.1chなどの本格サラウンド再生が楽しめる。

 DTS対応のほかに、WinDVD 3.0の新機能としては、-20倍速~+20倍速の早送り/早戻し再生に対応した「スロットルコントロール」、0.5~2倍速再生では映像に同期して音声出力も行う「オーディオタイムストレッチ」、従来のMPEG1/2およびMP3ファイルに加えてAVIやASFファイルの「プレイリスト再生」をサポート、お気に入りのシーンをすばやく呼び出せる「ブックマーク機能」にシーンの縮小表示を追加した「サムネイルブックマーク機能」を追加、などが挙げられる。

 価格は7800円で、従来のWinDVDシリーズのユーザーには3980円のアップグレードパッケージが用意されている。

カノープス(株)
問い合わせ先 テクニカルサポート 078-992-6830



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン