このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

256MB SDRAMの価格高騰、PC133(CL=3)は来週中にも1万円オーバーへ

2001年03月31日 18時50分更新

文● HINOMOTO(G&D MATRIX)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SDRAMが軒並み値上がり

 先週小康状態にあったSDRAMが急激に値上がりている。先週、最安値が7000円台後半だったPC133 SDRAM 256MB(CL=3)は、1週間で8800円と約1000円の急騰。相場は9000円台となんとか1万円以下を維持している感じで、「来週になると販売価格は1万円を間違いなく超える」と多くのショップが口を揃えている。また、PC133 SDRAM 128MB(CL=3)も256MBほどではないにせよ全体的に価格上昇傾向。数100円単位での値上がりとなった。

 今回の高騰は円安の影響というよりもむしろ、年度末の決算期を迎えた各メーカーが生産調整に入ったのと、大手メーカーが生産ラインを利益の出ないSDRAMからDDR SDRAMへシフトさせる移行期がちょうど重なったのが原因と思われる。ちなみに、現在もメモリスポット市場の価格は日に数回、大きいときには100円単位で上昇しており、先行きは今のところ明るくない。

【関連記事】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ