このページの本文へ

共同通信社、総合ニュースサイト“フラッシュ24”のサービスを開始

2001年03月28日 19時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(社)共同通信社は28日、1月1日からパイロット版として公開していた全国の加盟新聞社のウェブサイトと一体となった総合ニュースサイト“フラッシュ24”の本格運用を4月1日に開始すると発表した。

“フラッシュ24”は、共同通信社のニュースを参加新聞社が自社サイトの一部として利用できるサービス。4月1日からは“室蘭民報”、“東奥日報”、“デーリー東北新聞”、“岩手日報”など23社のウェブサイトから利用できる。

コンテンツは、世界と日本の最新ニュースを伝える“速報”と“おモなニュース”のほか、“政治”、“経済”、“海外”、“暮らし”、“スポーツ”の6ジャンルおよびニュース写真で構成される。記事の本数は1日約150本、各記事の長さは300字を目安にしている。いずれも共同通信本社のほか、国内外に配置している約90の支社局で得たニュースを配信する。中でも、インターネットユーザーの関心が高いスポーツに手厚く取り組むとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン