このページの本文へ

SDRAM/DDR SDRAM両対応Apollo Pro266搭載マザー「Pro266 Master-R」が初お目見え!

2001年03月24日 23時32分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Pro266 Master-R

 MSI製のApollo Pro266搭載マザーボード「Pro266 Master-R」が不具合を解消し、ようやくアキバに登場した。同製品は3月上旬に発売予定となっていたものの、RAIDコントローラまわりに不具合が発覚し、一旦は出荷されたが直ちに回収されてしまっていた。その間にRAIDコントローラを搭載しない「Pro266 Master」の並行輸入版が一部ショップに入荷したようだが、国内流通版でSDRAM/DDR SDRAM両対応のApollo Pro266マザーボードとしては初お目見えとなる。



DIMMスロットまわり

 拡張スロットはAGP×1、PCI×4、PCI/CNR×1でDIMMスロットはSDRAM用が2本(最大2GB)、DDR SDRAM用3本(最大3GB)。従来のSDRAMを使いつつDDR SDRAMへの移行を考えている人には検討する価値があるだろう。なお、当然だがSDRAM/DDR SDRAMは排他利用。



USBポート引き出し用ブラケット

 オンボードのIDE RAIDコントローラはもはやお馴染みのPromise製“PDC20265R”。Ultra ATA/100に対応している。なお、最近のマザーボードらしく6 USBポートサポートだが、他社製のマザーボードが基板で6ポートをサポートしながら実際にはバックパネル+2ポート装備のブラケットの合計4ポートしか利用できないのに対し、同製品は2ポート装備のブラケットを2つ同梱。ハブを介さずに6ポート利用する場面は限られるとは思うが、それでもうれしい配慮だ。



8連ジャンパ

 おもしろいのはCPUソケットのすぐそばに配置された8連のジャンパピン。ショートさせるとCoppermineに、オープンにするとPPGA版Celeron/Cyrix IIIに対応するものだが、なぜ8連なのかはナゾである。



24日現在の価格情報

価格 ショップ
\19,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
\20,500 ZOA 秋葉原本店
\20,800 コムサテライト3号店
\21,800 高速電脳
USER'S SIDE本店
\20,500 ZOA 秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ