このページの本文へ

NTT-ME、フレッツ・ADSL対応メニューに企業向けコースを追加

2001年03月21日 19時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイーは21日、同社の運営するインターネット接続サービス“WAKWAK(わくわく)”の“フレッツ・ADSL”対応メニューに、企業向けに複数の固定IPアドレスを提供するコース“エンタープライズADSL”を追加、4月2日に同コースの申し込み受付を開始し、4月23日にサービスの提供を開始すると発表した。受付は同社のウェブサイトを通じて行なう。これに伴い、NTT東日本のADSLサービス(第1種)で提供してきた、旧“エンタープライズADSL接続サービス”の新規の申し込み受付は停止する。

“エンタープライズADSL”では、固定IPアドレスを8個使用できる“エンタープライズADSL8”と、16個使用できる“エンタープライズADSL16”を用意する。初期費用は1万円で、月額基本料金は8が2万4800円、16は3万1800円。これには、フレッツ・ADSLの初期費用、月額料金などは含まれない。JPドメイン取得代行サービスは1万円。通信速度は下りが最大1.5Mbps、上りは512kbps。サービス提供地域は、フレッツ・ADSL提供地域に順次拡大していく予定。

なお、今回のサービス開始に伴い、同社では、ブロードバンドアクセスルーター『BA512』に、フレッツ・ADSL接続に必要な“PPPoE”セッションで複数固定IPアドレスを利用できる“LAN接続型PPPoEクライアント機能”や、フレッツ・ADSLの接続が網側から切断された場合にも自動的に再接続する“セッション・キープ・アライブ機能”などの機能追加を行なう予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン