このページの本文へ

ISAOとDreamCallがインターネット電話サービスをスタート

2001年03月09日 00時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ISAOは8日、関連企業の(株)ドリームコールと共同でインターネット電話サービス“DreamCall”(ドリームコール)を15日に開始すると発表した。

“DreamCall”はパソコンから一般の加入電話や携帯電話に電話をかけられるツール。通話可能範囲は、国内だけでなく海外200カ国以上を対象としている。また、米Innomedia社のVoIP(Voice over IP)技術を導入することで、通話音質を向上させたという。

通話料金は、

パソコンから国内一般電話
30秒ごとに一律5円
パソコンから携帯電話やPHS
30秒ごとに一律10円
パソコンから海外主要30カ国の一般電話
30秒ごとに一律10円
パソコンから海外携帯電話
各国ごとに個別料金

となっている。

また、“DreamCall”と同時に提供される“Ch@bCall”(チャブコール)を利用すれば、“Ch@bCall”をインストールしたパソコン間なら無料で通話できる(プロバイダーへの接続料金と、アクセスポイントまでの電話料金を除く)。

“DreamCall”と“Ch@bCall”はコミュニケーションソフト『DreamPassport for PC ver.2.11』に含まれており、ISAOのウェブサイト(isao.net)から無償でダウンロードできる。『DreamPassport for PC ver.2.11』の推奨動作環境は、

  • 接続環境 フレッツ・ISDNなどの常時接続環境を推奨
  • 対応OS Windows95/98/NT4.0/2000(Windows Meは動作保証外)
  • CPU Pentium 133MHz以上
  • メモリー 32MB以上(64MB以上推奨)
  • HDD空き容量 26MB以上(56MB以上推奨)
  • その他 28.8kbps以上のモデム、IE4.01以上

となっている。

ドリームコールでは、2001年上期をめどに“DreamCall”のドリームキャスト対応版をリリースする予定。今後は法人向けサービスなども展開していくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン