このページの本文へ

i815EP初のMicroATXマザー「CUEP2-M」が入荷、明日発売予定

2001年03月08日 23時11分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CUEP2-M

 i815EPチップセットを搭載するマザーボードとしては初めてMicroATXフォームファクタを採用した製品がASUSTeKから現れ、ギガパレス秋葉原本店に入荷している。9日発売予定で、予価は1万9800円。



シールの下には…?
マザーボードのリビジョンは1.03。型番のシールの下にどんな文字が印刷されているのか非常に気になる

 型番は「CUEP2-M」。MicroATXのi815Eマザーボード「CUSL2-M」と、ATXのi815EPマザーボード「CUSL2-C」を足して2で割った位置づけの製品と言える。従来の型番表記をそのまま用いるなら“CUSL2-CM”とでも言える製品だ。



FSB設定表
ディップスイッチによるFSB設定表

 ボードデザインは基本的にCUSL2-Mと同じ。拡張スロットはAGP Pro×1、PCI×3、CNR×1となっており、オンボードで3Comのネットワークコントローラ“920-BR06”やAC'97準拠のオーディオコーデックを搭載している点もCUSL2-Mと同様で、CUSL2-MのGMCHがMCHに変わり、AGPスロットがAGP Pro対応になっただけという印象も受ける。なお、CUSL2-MはBIOSからFSBが最大216MHzまで設定でき、メモリ/PCIクロックも細かく設定できるという特徴があったが、この仕様をCUEP2-Mも受け継いでいるかは不明。オンボードのディップスイッチでは、60~200MHzの範囲でFSBを設定でき、また動作電圧は1.65~1.95Vの範囲を0.05V刻みで設定可能となっている。



920-BR06
3Comのネットワークコンとローラ“920-BR06”を搭載している
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ