このページの本文へ

富士通パーソナルズ、11Mbps無線LAN『HyperLink』を発売

2001年03月07日 20時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)富士通パーソナルズは7日、11Mbps無線LANセット『HyperLink』を9日に発売すると発表した。アクセスポイントと無線LANカードのセット『FWL11SET』、無線LANカード『FWL11CARD』、デスクトップパソコン用PCIアダプター『FWL11PCI』の3製品を用意する。『HyperLink』は、ADSLやCATV回線に対応した無線LANシステムで、ルーティング機能を搭載するため、1本の回線に複数のパソコンから同時に接続できるのが特徴。

『FWL11SET』の製品写真
『FWL11SET』

『FWL11SET』は、IEEE802.11b規格準拠の11Mbps無線LANセットで、アクセスポイントと子機用の無線PCカード『FWL11CARD』で構成される。100BASE-TX接続で、LAN、CATV、ADSLに対応する。価格はオープンプライス(予想販売価格は4万6000円前後)。アクセスポイントの仕様は、インターフェース が10BASE-T/100BASE-TX。データ転送速度は最大11Mbps。通信距離は最大約50m。対応プロトコルはTCP/IP、NetBEUI、IPX/SPX互換。周波数帯は2.4GHz帯。無線チャンネルは最大13ch。無線伝送方式はDSSS(直接シーケンススペクトラム拡散)。本体サイズは幅153×奥行き50×高さ176mmで、重さは約370g。電源はDC5V。対応機種はWindows 95/98/Me/NT 4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。

『FWL11CARD』の製品写真
『FWL11CARD』

PCカードの仕様は、インターフェースはPCMCIA(Type II)。データ転送速度は最大11Mbps。通信距離は最大約50m。対応プロトコルはTCP/IP、NetBEUI、IPX/SPX互換。周波数帯は2.4GHz帯。無線チャンネルは最大13ch。無線伝送方式 DSSS(直接シーケンススペクトラム拡散)。電源はDC5V。対応機種はWindows 95/98/Me/NT 4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。無線LANカード『FWL11CARD』の単体での価格はオープンプライス(予想販売価格は1万3000円前後)。

『FWL11PCI』の製品写真
『FWL11PCI』

デスクトップパソコン用PCIアダプター『FWL11PCI』は、PCIスロットしか持たないパソコンに『FWL11CARD』を増設するためのアダプターカード。対応機種はWindows 98/Me/NT 4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。価格はオープンプライス(予想販売価格は6000円前後)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン