このページの本文へ

韓国のインターネット利用調査結果――Nielsen//NetRatings

2001年03月02日 19時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エーシーニールセン・コーポレーション(株)とネットレイティングス(株)の共同事業“Nielsen//NetRatings”は1日、1月のグローバル・インターネット・メジャメント結果を発表した。

それによると1月からサービスを開始した韓国のインターネット全体の利用動向は、日本と韓国では、利用頻度が大きく相違していることがわかったという。韓国では、月間に日本の利用時間の2倍以上である約16時間の利用時間があった。また、平均ページビュー数でも日本の月間平均779ページに対し、韓国では2008ページと約2.6倍のページが閲覧されており、韓国でのインターネット利用が日本よりも活発に行なわれていることが明らかになったとしている。

“Nielsen//NetRatings”のアジア・パシフィック担当者は、韓国でのこの利用頻度の高さの理由として、“韓国のインターネットサイトの増加”、“ブロードバンドによるインフラ設備の充実度”、“インフラ設備の低料金”、“チャットの人気”を挙げている。

2001年1月度 インターネット全体の利用動向
  日本 韓国
月間平均セッション数 16回 21回
月間平均訪問サイト数 10サイト 27サイト
月間平均ページビュー数 779ページ 2008ページ
月間平均ネットサーフィンごとのページビュー数 48ページ 96ページ
月間平均利用時間 7時間56分48秒 16時間17分16秒
月間平均ネットサーフィンごとの利用時間 29分48秒 46分35秒
月間平均ページビューごとの利用時間 37秒 29秒
月間平均バナー広告クリック率 0.51% 0.50%
家庭での月間インターネット利用人口(推定) 1543万818人 1108万6891人
家庭でのインターネット利用可能可能者数(推定) 3788万54人 2232万2758人

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン