このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ

知れば知るほど、オモシロイ

ネットワークユーザーのための「メール使いこなし」の常識

2001年02月27日 02時37分更新

文● NETWORK MAGAZINE編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NETWORK MAGAZINE
 インターネットの「キラーアプリケーション」として、Webブラウザに並んで多くのユーザーに利用されているメールクライアント(メーラ)。メールをしたくてインターネットを始めた、そんな人もきっと多いことだろう。

 いうまでもなく、メールクライアントは「メールをやりとりする道具」である。インターネットを始めたころなら、とにかくメールをやりとりできればよかったかもしれない。だが、本誌を読むほどの読者であれば、それで満足するのはあまりに寂しいというもの。ネットワークに「強い」ユーザーは、メールを「いかにやりとりするか」というプロセスにも目を向けているからだ。実際、インターネットメールには、「知る人ぞ知る常識」みたいなものがある。

 ここはひとつ、これまで知ることのなかったインターネットメールの一面に触れ、使いこなしの常識を身に付けて見てはどうだろうか? こっそり自分のスキルを高めるもよし、人に教えて尊敬されてみるのもよし。いずれにしろ、本企画を読めば、インターネットメールの奥深さをあらためて実感できるはずだ。



前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ