このページの本文へ

ザイリンクス、新規格/新プロトコル専用のウェブポータルを開設

2001年02月02日 18時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ザイリンクス(株)は2日、民生機器の設計および開発期間を大幅に短縮するプログラム“ザイリンクス eSP イニシアティブ”(以下eSP)をスタートし、開発用ポータルサイト“eSP”を開設したと発表した。

eSPのウェブサイトは、以下の3つのコンテンツを柱とする。

多様な企業との協力による成果物

MP3プレイヤーや遠隔電力計、1394-firewire、USB2.0、Bluetooth、VoIPなどのハードウェアリファレンスデザインやIPなどを提供する。

情報ソースの提供

情報ソースとして、以下の資料を提供する。

  • ホームネットワーク接続コンポーネントや技術に関する3000ページを超える技術概要
  • HomePNA、HomeRF、ワイヤレスLAN、HomePlug、USBなどの規格に関する技術要項や公式報告書
  • 400以上のダイナミックシステムブロック図
  • 市場概要
  • 200以上の業界リンク
  • 用語解説
  • コンサルタント名簿

コミュニケーション

オンラインフォーラムを設置して、設計者が業界エキスパートと直接コミュニケーション交換できる機会も用意する。

同サイトは、ホームネットワーク接続をターゲットにしており、2001年第1四半期にはBluetoothアプリケーション専用の第2セグメントを設けて拡充を図る予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン