このページの本文へ

ザイリンクス、2001年度売り上げは63%増の16億5940万ドル

2001年04月25日 18時51分更新

文● 編集部 中西祥智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本記事公開当初、売り上げと純利益の金額に誤りがございました。読者の皆様および関係者の皆様にご迷惑をおかけいたしました。記事を訂正するとともに、謹んでお詫び申し上げます。

PLD(プログラマブル ロジック デバイス)(※1)ベンダーのザイリンクス(株)は25日、親会社の米ザイリンクス社(Xilinx Inc.)の2001年度(2000年4月~2001年3月)決算を発表した。それによると、売り上げは16億59400万ドル(約2244億6800万円)で前年比63%増、純利益は3億8290万ドル(約467億1380万円)で前年比51%増、1株あたりの利益は1ドル8セント(約131円)で前年比46%増となっている。

※1 あとからプログラムによって、論理回路を書き込めるIC

ザイリンクス売り上げ推移
ザイリンクス売り上げ推移。2000年度、2001年度に急激に増加している

2000年度、2001年度に急激に売り上げが伸びていることについて、同社代表取締役会長の北島基弘氏は「主にテレコミュニケーション関連で、PLDがブームになったこと」が背景にあるとした。

ザイリンクス代表取締役会長 北島基弘氏ザイリンクス代表取締役会長 北島基弘氏

また北島氏は「従来、PLDはコストが高く、試作品には利用できても量産品には無理だと思われていた。しかし、最先端の加工技術を積極的に採用することで、コストを引き下げることができた。PLDは顧客が回路設計などをする必要がないため、迅速に製品を供給する“Time to Market”が実現できる」とし、顧客の要望にすばやく応えられることが強みであると語った。

ザイリンクスの日本国内での成長率は86%と好調。今後同社は、これまで得意としていたハイエンド向けの製品だけでなく、ミッドレンジ、ローエンドの製品にも力を入れることでシェアの拡大を図る。同社では2001年第2四半期に、国内市場でトップを目指すとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン