このページの本文へ

ハンディ魚探

ハンディ魚探

2001年01月22日 23時28分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 松下精工(株)は、ハンディサイズの魚群探知機「ハンディ魚探」を発表、3月1日より発売を開始する。

コンパクトなサイズと収納時は一体型となる形状、シンプル操作などにより初心者にも利用しやすい「ハンディ魚探」。

 ハンディ魚探は、直径105mm/厚み83mm、重量415gというコンパクトサイズながら約2~70mの測深可能範囲を持つ。本体とセンサ、フロートが一体化した形状をしており持ち運びも容易で、使用する際にはセンサとフロートを外し、リール状のケーブルをほどいて湖面に浮かべる。手元の本体部はモノクロ液晶画面を搭載し、画面には最大魚群の魚棚・底の水深を数字表示/大小2つの魚棚もしくは水深の数字表示/魚棚・底形状をグラフィック表示の3種類を切り替えて表示できる。水深や魚棚の深さは10m未満は0.1m単位、10m以上は1m単位で表示される。電池は9Vアルカリ乾電池で、約8時間の動作が可能。
 価格は2万5000円。

松下精工(株)
問い合わせ先 06-6930-6934

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン