このページの本文へ

スタートレック:オムニペディア日本語版ディクショナリエディション

スタートレック:オムニペディア日本語版ディクショナリエディション

2001年01月12日 19時49分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 データハウス ビーグルのブランド名でマルチメディアソフトの制作・販売を行っている(株)徳川システムが、「スタートレック」のマルチメディア辞典「スタートレック:オムニペディア日本語版ディクショナリエディション」を2月23日より発売する。価格は5800円。

網羅性の高い豊富なデータによりトレッキー(スタートレックのマニア)からの定評も高い「スタートレック:オムニペディア日本語版」の低価格版「スタートレック:オムニペディア日本語版ディクショナリエディション」。

 スタートレック:オムニペディア日本語版ディクショナリエディションは、現在発売中のスタートレックマルチメディア百科事典「スタートレック:オムニペディア日本語版」(1万2800円、米Simon&Schuster Interactive製作の日本語版)を辞典機能に特化することで低価格化した製品。
 オムニペディア日本語版は、スタートレックのオリジナルシリーズ(カーク船長の1960年代のTVシリーズ「宇宙大作戦」)から「ザ・ネクスト・ジェネレーション」(ピカード艦長のシリーズ「新スタートレック」、略称TNG)、「ディープ・スペース・ナイン」(宇宙ステーションDS9を舞台にしたTVシリーズ、略称DS9)、「ボイジャー」(宇宙船U.S.S.VOYAGERが舞台のシリーズ、略称VOY)まで、さまざまな設定や人物、エピソードを紹介するマルチメディア百科辞典。ディクショナリエディションは、時代・エピソード別の解説やナレーションなどを省き、辞典機能が中心となっている。人物や宇宙船、惑星や装置などの作品中のさまざまなデータを静止画/動画/テキストで検索、閲覧可能。オリジナルシリーズとTNGは全エピソード、DS9は72話まで、VOYは16話まで、映画は「ジェネレーションズ」までを収録する。
 Windows/Macintosh両対応のハイブリッドCD-ROM×1枚で、対応OSはWindows 95/98/Me以降およびMac OS 7.6以降。

データハウス ビーグル/(株)徳川システム
問い合わせ先 011-896-7702



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン