このページの本文へ

Nielsen//NetRatingsランキングで、ユニクロがフリース旋風

2000年10月27日 19時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エーシーニールセン・コーポレーション(株)とネットレイティングス(株)の共同事業“Nielsen//NetRatings”は27日、最新の週間インターネット利用者推計調査(10月16~22日分)の結果を発表した。この調査は、Nielsen//NetRatingsが契約顧客に対して提供している“インターネット利用者動向情報サービス”の一環で、ウェブサイトの“ユニーク・オーディエンス”のランキングを示したもの。調査結果のデータとして、ユニーク・オーディエンスのほか、リーチ総ページビューなどが発表された。

それによると、カジュアル衣料“ユニクロ”を展開する(株)ファーストリテイリングが、現在展開中の“フリース・キャンペーン”で、ECサイトでトップクラスの集客力を集めていることが明らかになった。ファーストリテイリングのウェブ通販サイト“uniqlo.com(ユニクロ・ドットコム)”は、50色のフリース発売のテレビコマーシャルなどで話題を集め、前週の週間ランキング(10月9~15日分)で総合202位に初登場、最新の週間ランキング(10月16~22日分)では推計でユニーク・オーディエンスが38万人、リーチは4.12パーセントを獲得し、総合ランキングで49位、ECサイトとしては“Yahoo!(ショッピング&オークション)”、“楽天市場”に次ぐ3位となった。

10月16~22日のuniqlo.com内の利用内訳を見ると、50色のフリース発売キャンペーンが今回の急伸に大きく貢献していることが分かる。前週との比較で、約3.8倍の38万4000人が同サイトに訪問したと推計され、さらに全訪問者のうち、約半数にあたる47パーセントがフリースの購入画面(フリースの色・サイズを選択し、買い物かごに入れるページ)にアクセスしていたという。

uniqlo.com訪問者の性別では、最新のインターネット人口の男女比が62対38であるのに対し、同サイト利用者の男女比は42対58で、女性の積極的利用が目立つ結果となった。年齢別では、16~29歳の若年層のリーチが全体を通じて高く、また、2週目に入り50~59歳のシニア層でも訪問者が増え、年代を問わず人気を獲得しているという。

ユニーク・オーディエンス:調査期間内に1回以上、サイトやバナー広告に訪問または視聴した推計利用個人数で、利用者の重複を除いたもの
リーチ:全インターネット利用者の内、調査期間内に対象サイトに訪問したユニーク・オーディエンスの割合(%)
ページビュー:調査期間内に全インターネット利用者のディスプレー上に表示された推定ページ数

ECサイトのランキング(10月16~22日)
順位 ECサイト名 リーチ(%) ユニーク・オーディエンス(人)
1 Yahoo! Japan(ショッピング&オークション) 12.44 115万8119
2 rakuten.co.jp 8.1 75万4056
3 uniqlo.com 4.12 38万4143
4 bidders.co.jp 1.28 11万9511
5 sofmap.com 0.86 7万9674
6 ebayjapan.co.jp 0.64 5万9756

*Yahoo! Japanはauction.yahoo.co.jpとshopping.yahoo.co.jpを合わせたもの

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン