このページの本文へ

カレン、総額3億7000万円の第三者割当増資を実施

2000年10月27日 16時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)カレンは26日、総額3億7000万円の第三者割当増資を、13日に実施したと発表した。割当先は、(株)博報堂、住友商事(株)、住商エレクトロニクス(株)の3社。今回の増資により、同社の資本金は総額3億977万5000円になった。

カレンは、'94年に創業したEメールマーケティング支援企業。企業がメールを用いたマーケティングを行なう際に、顧客情報を記録したデータベースを基に、Eメールの制作、配信、レスポンス分析などを代行するという。今回の資本提携により、博報堂は広告と連携したEメールマーケティング手法の共同開発、住友商事はBtoC事業でEメールマーケティングの導入、住商エレクトロニクスはEメール配信システムなどの共同開発を行なうとしている。また、カレンは、増資で得た資金を携帯電話関連のメールシステム、HTMLメール、動画/音声メールなどの開発資金に充当するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン