このページの本文へ

ソニー、『バイオQR』の仕様を公開、チップセットはIntel 815EM

2000年10月24日 15時16分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)24日、16日付で発表した次世代バイオノート『バイオQR』に関し、16日の時点で明らかにされなかった本体の一部仕様について公開した。

持つ楽しみを追求した“パイプいす”ノートPC『バイオQR』

今回明らかになったのは、バイオQRのCPU、チップセット、グラフィックスアクセラレーター、HDD、メインメモリー、ビデオメモリーの仕様。

バイオQRは、CPUにモバイルIntel Celeron-500MHzを採用。チップセットはIntel 815EMで、グラフィックスアクセラレーターを内蔵している。メモリーは64MB(SODIMM)、HDDは10GB(Ultra ATA)を搭載する。ビデオメモリーは11MBでメインメモリーと共有になっている。

バイオQRは11月18日発売で、価格はオープンプライス、推定小売価格は20万円以下。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン