このページの本文へ

ジュピター、2005年の米国のネットBtoBは6兆3000億ドルに

2000年10月04日 15時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジュピター・コミュニケーションズ東京支店の3日の発表によると、米ジュピター・コミュニケーションズ社は現地時間の2日、今後5年間で米国のインターンネットを介しての企業間(B to B)取引は驚異的に成長し、今年度の3360億ドル(約36兆2880億円)から2005年には6兆3000億ドル(約680兆4000億円)に達するという予測を発表した。

同社の最新レポートでは、B to B取引においてはオンラインサプライチェーンが圧倒的になり、米国の国内企業間取引総額に占めるネット取引の割合は現在の3パーセントから5年後には42パーセントに増加する。そのため企業は思いきって新しい売買モデルを採用すべきだと提言している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン