このページの本文へ

ジェット証券など3社、ミニ株取引サービスを開始

2000年10月02日 18時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジェット証券(株)、アドバンストアイ(株)、川鉄情報システム(株)の3社は9月29日、インターネットでミニ株取引が行なえるミニ株取引システムの開発が完了したと発表した。併せて、ジェット証券がインターネット上で同システムを導入したミニ株取引サービスを10月19日に開始すると発表した。

同システムは、ジェット証券が業務ノウハウを提供し、金融ベンチャー企業であるアドバンストアイと川鉄情報システムが構築を担当した。アドバンストアイと川鉄情報システムは、ミニ株取引を実施したい意向のある証券会社への同システムの販売、サポートも行なう。また、ジェット証券は、自己ポジションのリスク管理を敬遠したい証券会社に対し、取次業務を提供するという。

同システムをより多くの証券会社が利用することで、個人投資家が小額から安心して取引できる透明なミニ株市場、将来的には取引の自由度のより高い形でのECN市場が形成されることに貢献したいとしている。

ジェット証券の提供するミニ株取引の手数料は一律747円。口座管理料、情報料などは不要。当初は50銘柄からスタートする。ユーザーの希望に応えて、取扱銘柄数を増やしていくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン