このページの本文へ

アップルコンピュータ、第4四半期の業績予測を下方修正

2000年09月29日 18時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)の29日付けの報道資料によると、米アップルコンピュータ社が28日(現地時間)、第4四半期(6月~9月)の業績予測を下方修正したと発表した。10月18日に報告予定の第4四半期の売上高は、18億5000万ドル(約1998億円)から19億ドル(約2052億円)の間になると予測。利益は当初予測の1億6500万ドル(約178億円)から1億1000万ドル(約119億円)に減少すると予測している。

当初予測を下回った要因として、同社のフレッド・アンダーソン(Fred Anderson)CFOは、「9月の販売状況が世界的な景気失速で鈍かったこと」、「通常9月にピークとなる教育市場の需要が低かったこと」、「Power Mac G4 Cubeの販売開始直後の立ち上がりが鈍かったこと」の3つを挙げている。同社のスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)CEOは、「この失速は残念だが、2001年前半のMac OS Xの出荷をはじめ、今後いろいろな活動を予定しており、将来は明るい」と述べている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン