このページの本文へ

NTTPC、個人向け接続サービスをリニューアル

2000年09月06日 21時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)NTTPCコミュニケーションズは6日、同社が運営するインターネット接続サービス“InfoSphere”において、個人向けダイヤルアップ接続サービス“InfoSphere Lite”をリニューアルし、10月1日に提供を開始すると発表した。併せて、都市型定額サービス“InfoSphere Xpert”の提供条件の見直しも同日から実施する。

InfoSphere Liteには、月額200円でメールの送受信が非課金となる“InfoSphere Liteプチ”を追加する。同コースのそのほかのインターネット接続料金は1分あたり5円。既存メニューのAコースは、基本接続時間を3時間から7時間に、Bコースは15時間から25時間に増量する。Cコースは、基本接続時間を100時間から200時間に増量し、月額基本料金を3000円から2500円に値下げする。

InfoSphere Xpertでは、これまでInfoSphere Liteのオプションサービスであった無料メールアクセスサービス“メールモード”を標準サービスとして提供する。これにより、メールの送受信に、InfoSphereの全国144ヵ所のアクセスポイントを利用できる。

全コースとも、これまでどおり加入日から1ヵ月分の基本料金が無料となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン