このページの本文へ

iPlanet、アプリケーションサーバーの最新版を発表

2000年09月06日 20時04分更新

文● ASCII24 Business Center 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPlanet E-コマース・ソリューションズジャパン社(※1)は6日、アプリケーションサーバーの最新版『iPlanet Application Server 6.0』日本語版を発表した。出荷は10月下旬から。

※1 米アメリカ・オンライン社と米サン・マイクロシステムズ社が結成したバーチャルコーポレーションが3月、“Sun | Netscape Alliance”から“iPlanet E-Commerce Solutions”に組織名称が変更された

今回の製品で、米ネットスケープコミュニケーションズ社のアプリケーションサーバー『Netscape Application Server』からの流れと、サン・マイクロシステムズのアプリケーションサーバー『NetDynamics』の流れが1つに統合された。新製品は、2つの従来製品の後継という位置付けになる。

iPlanet Application Server 6.0は、大規模なeコマースの構築などを行なうためのアプリケーションサーバー。業界で初めてJ2EEの認定テストに合格したアプリケーションサーバーで、J2EEに完全準拠したという。

対応OSは、HP-UX 11.0、AIX 4.3.3、Windows NT4.0 SP5、Solaris 2.6/8。価格は、エントリーライセンスが100万円(シングルサーバーで最大2プロセッサー)~。販売/SIパートナー企業を通じて販売される。

Netscape Application Server 4.0(NAS 4.0)は、'98年8月~2000年7月までの期間に、日本国内で200社に対して約1500ライセンスが販売された。新製品の販売目標は、初年度で2000ライセンスの出荷という。

NAS 4.0は、日本では大和証券(株)のオンライントレード“ダイワ ダイレクト”や、(株)リクルートが運営する“ISIZE”(イサイズ)など、同時に多くのトランザクションが発生したり、可用性が求められる環境で導入されているという。新製品について、iPlanet E-コマース・ソリューションズジャパンの河谷哲行副代表は、「敷居を低くして、裾野を広げていく」と、中小規模への採用に意欲をみせた。

河谷哲行副代表

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン