このページの本文へ

マイクロソフト、ゴルフゲームの最新作『Microsoft Links LS 2000』日本語版を発売

2000年01月04日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は、DirectX対応のゴルフゲーム『Microsoft Links LS 2000』日本語版を3月24日に発売する。

同製品は、既存のゴルフゲーム『Microsoft Golf』の最新作で、同製品から名称が“Golf”から“Links”へ変更された(Linksとは海沿いにあるゴルフコースの総称)。世界の名門コース“セント アンドリュース リンクス オールド コース”、“カバード ブリッジ ゴルフ クラブ”、“マウナケア ゴルフ コース”、“ハプーナ ゴルフ コース”、“フェニックス カントリー クラブ”、“セント アンドリュース リンクス ニュー コース”、“セント アンドリュース リンクス ジュビリー コース”合計7コースでのラウンドが楽しめる。コースやゴルファーのデータは、ユーザーが必要なだけHDDにインストールできる。

スイング方法は、プレイヤーのクリックするタイミングを自動判別し2または3クリックでスイングする“クラシックスイング”、マウスを左右に移動させてスイングする“パワーストロークスイング”、初心者向けの“イージースイング”の3種類から選択できる。

マルチプレイヤーモードに対応しおり、LANなどネットワークを利用した対戦のほか、同社の運営するゲームサイト“MSN Gaming Zone”上でも対戦可能。

また同社は、同製品に新たに10コース追加できるアドオンコースパッケージ『Microsoft Links LS 2000 10-Course Pack』英語版を今春発売する。

両製品とも、対応OSはWindows 95/98/2000/NT4.0。価格はオープンプライスで、推定小売価格は、Microsoft Links LS 2000が9800円、10-Course Packが2500円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン