このページの本文へ

HDE、Linuxサーバー管理ツール『HDE Linux Controller 1.0』を発売

1999年11月30日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は30日、Linux用GUIサーバー管理ツール『HDE Linux Controller 1.0』を2000年1月31日から販売すると発表した。

Linuxサーバーをウェブブラウザーから設定、操作するための管理ツールとして開発された同製品は、無償配布されていた『HDE-WUI』を商用化したもの。基本的機能を継承しつつ、インターネットサーバー向けにipchainsの設定やルーティング情報の設定が追加されている。ネットワークの設定、メールアカウントの追加、メーリングリストの開設といった基本的な作業のほか、各サーバーソフトウェアの稼動と停止、詳細設定、各種ログチェックなどをウェブブラウザーから行なうことができる。

なお、12月中旬発売の『TurboLinux Server 日本語版 6.0 SOHO Edition』と来年発売の『LASER5 Linux 6.0 Rel.2』に搭載が予定されている。

対応するディストリビューションは、Red Hat Linux 5.2/6.0、日本語redhat Linux 6.0 Server Edition、TurboLnux 日本語版 4.2、TurboLnux Server 日本語版 6.0/SOHO Edition、LASER5 Linux 6.0など。

電話、メールによる90日間3インシデント(問い合わせ)のサポートが付属する。現時点では価格は未定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン