このページの本文へ

【ビジネスシヨウ'99レポート Vol.6】リコー、水洗い可能なデジタルカメラを参考出品

1999年05月19日 00時00分更新

文● 編集部 綿貫晃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リコー(株)は、工事現場の撮影向け防水防塵デジタルカメラを展示している。雨の中の撮影や水洗いが可能で、JIS保護等級は7級。軍手でも操作できるよう、スイッチ類も大きくなっている。108万画素CCD搭載で、記録媒体はコンパクトフラッシュカード。音声や文字も記録可能。液晶部分は1.8インチカラー液晶となっている。参考出品のため、発売や価格は未定。

いかにも丈夫そうなデジタルカメラ
いかにも丈夫そうなデジタルカメラ



NTTグループは、SolidAudio対応プレーヤーの製品版を展示している。SolidAudio対応プレーヤーは、(株)神戸製鋼所と日本電信電話(株)(NTT)が共同で開発を進めているもので、スマートメディアに圧縮したサウンドデータを記録、再生するオーディオ機器。データの圧縮にはNTTが開発した音声圧縮技術“TwinVQ”を利用している。CD並みの高音質でMP3の圧縮率(11分の1)を上回る圧縮率(18分の1)を実現しているという。今回試聴できたのは、7月下旬にハギワラシスコム(株)から発売予定のもの。実際に配信される音楽の詳細については、現在交渉中とのこと。価格は3万円前後を予定している。

幅86×奥行き54×高さ10mmの名刺サイズで、重さは55g。聴いた限りでは、音質はMP3よりも良く感じられた。
幅86×奥行き54×高さ10mmの名刺サイズで、重さは55g。聴いた限りでは、音質はMP3よりも良く感じられた。



日本電気(株)は、50型のハイビジョン対応プラズマディスプレイ『PX-50V5』を展示している。100万画素(1365×768ドット)の高精細表示が可能で、画素ピッチは水平・垂直ともに0.21mm。MUSEデコーダーを内蔵し、ハイビジョン放送の受信が可能。また、デジタル放送のフォーマットである480I、1080Iなどに対応する色差入力端子も装備する。本体のサイズは横1240×高さ766×奥行き107mm。6月下旬より受注受付を開始し、価格は250万円。

いよいよ、プラズマディスプレイは50型へ
いよいよ、プラズマディスプレイは50型へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン