このページの本文へ

デルコンピュータ、ハイエンド向けグラフィックスカード搭載のワークステーションを発売

1999年03月29日 00時00分更新

文● 報道局 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルコンピュータ(株)は、ハイエンド ワークステーション『Precision WorkStation』シリーズに、米インターグラフ社のWindows NT対応のハイエンド向けグラフィックスカード『Intense3D Wildcat 4000』を搭載したモデルを追加した。

 『Intense3D Wildcat 4000』は、3Dデータの座標変換などを高速化するジオメトリアクセラレーターチップを装備。このことにより、従来のUNIXワークステーションクラスの機能をWindows NTマシン上で実現するという。16MBのフレームバッファーメモリーと、64MBのテクスチャーメモリーを搭載。毎秒340万ポリゴンの表示が可能。2D GDI、 OpenGL、RenderGLに対応する。



 ビデオコントローラーとして『Intense3D Wildcat 4000』を選択できるのは、『Precision WorkStation』シリーズのハイエンドモデル『同610』とミッドレンジモデル『同410』。

 『Precision WorkStation 410』の最小構成の場合、PentiumIII-450MHz、64MBのECC対応SDRAM(100MHz動作)、4GBのUltra2 WIDE SCSI対応HDDを搭載。最大32倍速CD-ROMドライブ、Intense3D Wildcat 4000、Windows NT 4.0プレインストールというスペックで58万6000円。

 『Precision WorkStation 610』の場合、PentiumIII Xeon-500MHz搭載(512KB ECCキャッシュ)、64MB(最大2048MB)のECC対応SDRAM(100MHz動作)、4GB(最大54GBで拡張可能)のUltra2 WIDE SCSI対応HDDを搭載。最大32倍速CD-ROMドライブ、Intense3D Wildcat 4000、Windows NT 4.0プレインストールというスペックで65万1000円。

 これらの製品にはすべて、24時間、365日の無料電話サポート、1年間の無料出張修理サービス、3年間のパーツ無料提供が受けられる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン