このページの本文へ

沖電気、エンタープライズサーバー『OKITAC 9000シリーズ』に4機種追加

1998年09月30日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 沖電気工業(株)は、エンタープライズサーバー『OKITAC 9000シリーズ』に『Aシリーズ』2機種と『Rシリーズ』2機種を11月1日に発売する。『A180』(価格は70万8000円)と『A180C』(88万4000円)は、米HP社のRISCプロセッサー『PA-7300LC』を採用。出荷は12月初旬。『R380』(365万7000円)には『PA-8000』を、『R390』(572万5000円)には『PA-8200』を採用し、最大2CPUまで搭載が可能。出荷は12月初旬。同時に、『Dシリーズ』に『D390』(789万9000円)を発売。11月中旬に出荷を開始する。
http://www.oki.co.jp/

 

『Aシリーズ』(左)、『Rシリーズ』(右)『Aシリーズ』(左)、『Rシリーズ』(右)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン