このページの本文へ

ATI、2D/3D/DVD対応のグラフィックチップ『RAGE 128』を発表

1998年09月29日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 ATIテクノロジーズジャパン(株)は、28日、加ATIテクノロジーズ社が2D/3D/DVD対応アクセラレーターチップ『RAGE 128』のサンプル出荷を開始したと発表した。RAGE 128には『RAGE 128GL』と『同VR』の2種が用意される。『同GL』は、最大32MBのSGRAM、128bitメモリーインターフェースによりデーターレートは最大125MHzに対応し、同社のグラフィックボード『RAGE FURY』などに使用される。同チップはすでにOEM向けのサンプル出荷が始まっており、製品化は12月の予定。価格は1万個購入時の単価で『RAGE 128 GL』が40ドル(約5400円)、『同VR』が30ドル(約4050円)。『RAGE FURY』の発売時期は12月で価格は4万5800円。
http://www.atitech.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン