このページの本文へ

米マイクロソフト、SQL Server 7.0で追加されるOLAP機能を発表

1998年09月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 米マイクロソフト社は14日、リレーショナルデータベース管理システム『Microsoft SQL Server Version 7.0』で追加されるOLAP(OnLine Analytical Processing:オンライン分析処理)機能“Microsoft SQL Server OLAP Services”に含まれる機能を発表した。OLAP Servicesには、ISVや顧客のアプリケーションに財務予算や予測の機能を追加する“ライトバック機能”、多次元OLAPキューブ内に蓄積された追加情報を照会できる“メンバープロパティ機能”、クライアントとサーバー間でのクエリー処理のバランスを調整し、パフォーマンスの向上などを行なう“分散クリエ機能”が含まれる。SQL Server 7.0は、今年の第4四半期に発売が予定されている。
http://www.microsoft.com/japan/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン