このページの本文へ

エプソンダイレクトが『Endeaver』シリーズにPentium II-450MHz搭載モデルなどを追加

1998年09月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンダイレクト(株)は、同社のデスクトップPC『Endeaver』シリーズに、新ラインアップとして『Endeaver AT-600C』を新たに追加した。CPUはPentium II-333MHz、Celeron-333/300A/300/266MHzから選択できる。価格は、たとえば、Pentium II-333MHz、32MBのSDRAM、2.1GBのHDD、最大24倍速CD-ROMドライブを搭載し、Intel440EXのチップセット、ビデオコントローラーとしてカナダのATIテクノロジーズ社製の『3D Rage Pro』(AGP対応)という構成に、Windows 95プレインストールの基本セットで、13万6500円。ディスプレーはオプション。
http://www.epsondirect.co.jp/whatsnew/980924.asp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン