このページの本文へ

●テキサス・インスツルメンツ、ADSLのチップセットを発売

1998年09月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 米テキサス・インスツルメンツ社は現地時間の21日、PCメーカーやモデムメーカーに対し、高速通信技術として注目されているADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)技術を使用するチップセット『TNETD2000P』を発売した。このチップセットは、同社の1600MIPS技術“C6000 コア DSP”をベースとしており、一般的な銅線を使用した電話線でも、毎秒800KBから8MBのデータ転送が可能という。価格は1万個時の単価が75ドル(約1万125円)。

http://www.ti.com/sc/docs/news/1998/98082.htm

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン